チャットレディの必要経費には何がある?

チャットレディの経費として認められるものを解説します。

チャットレディでドンドン稼いでいる人のなかには、確定申告を行うことを踏まえて経費を収集している人も多いかも知れないです。

しかし、チャットレディの仕事で経費として計上できるのはどのようなものなのか、経費にできるものを知りたい、また、在宅で仕事をしている場合は家賃も経費にできるのかなと質問事項を抱えている人も多いでしょう。

領収書がない時はどうすれば良いのかなど、チャットレディが確定申告をする際に知っておきたい経費に関する内容を紹介します。

確定申告の必要経費とは?

必要経費は、チャットレディで収益を得る際に必要なとなる費用を意味します。

1月1日から12月31日までの1年間で得た収入から必要経費と基礎控除引いた金額が所得として弾き出されるのです。

基礎控除とは?

チャットレディを屋上でやってる場合に20万円となり、本職で行っている場合は38万円となります。必要経費と基礎控除を差し引いた所得の金額に従い、納税額も異なることが特徴的です。

必要経費が多くなるほど納税する金額を抑えられます。

チャットレディ経費できるもの一覧

チャットレディの仕事をしており、確定申告をする際に経費として計上できるものを詳しく見ていきましょう。

チャットをしている際に使用する洋服については、全て経費として計上できます。

例えば

●ハロウィンやクリスマスでコスプレをした際の衣装
●下着や靴下
●小物類

メイク用品は、

●基礎化粧品
●サプリメント
●コンタクトレンズ
●エステや美容院などで使ったお金

も経費となります。

チャットを使用する際に映像に映るものは、一般的に経費として計上できることが多いです。

●パソコンやスマートフォンでビデオカメラや照明を当てるためのスタンド
● パソコンを置くための机や仕事をする際に座る椅子
●ソファー

なども該当します。

また、女性らしさを演出するために置くことが多い、

●フィギュアやぬいぐるみ
●置物

なども挙げられるでしょう。

アダルトな雰囲気を出すために使用するマットやベッドなども経費となります。

通信料金

スマートフォンの料金は当然経費となり、2台使用している場合にはチャットレディの仕事に使用している方だけが経費として計上できます。

また、スタッフと連絡を取るための電話代やインターネット使用料も該当するでしょう。出勤の前にカフェなどで打ち合わせをした際など、利用料が経費となる可能性があります。

スタッフとの打ち合わせの際の飲食代も経費になります。

交際費

同じチャットレディとして働く女性同士で情報交換したり共有するしたりする目的で食事に行った場合、経費にできます。

その際には、誰と一緒に食事をしたのかを領収書にメモ書きをしておくと良いでしょう。

食事代の他に、チャットレディ同士で旅行に行った場合も経費として計上できるかも知れません。

交通費
チャットレディの事務所までにかかる交通費については経費となるため、ちゃんと領収書をもらうことが不可欠です。

●タクシー代
●バス代
●電車代

などが該当します。

在宅ワークの場合は家賃も経費にできる

チャットレディのとして在宅ワークをしているのであれば、仕事で使用しているスペースは経費にできます。

しかし、仕事をしているスペースだけどなるため、賃貸ではなく持ち家であるというケースでは経費にはできません。
チャットレディとして使用している部分が全体の2割程度であれば、2割を経費として計上できることが特徴です。

部分的に経費とすることを按分と呼び、基準であるスペースに比例した割合によって仕事スペースと居住スペースに割り振ることを指します。

最終的な割合については税務署側で判断されますが、常識の範囲内でチャットレディ側で申告することが可能です。家賃だけではなく、光熱費や水道代なども家賃と同じように経費として計上できます。

チャットレディを本業としており、自宅兼事務所として自宅を使用しているのであれば、水道の光熱費は全て経費として計上できる可能性が高いです。

基本的にパソコンやスマートフォンが必要経費として扱われるため、電気代が該当するでしょう。
ただし、近年経費のハードルが高くなっているため、ガス代や水道代は経費として認められないケースもあります。

光熱費については、チャットレディとして働いている時間によって按分しましょう。

スキルアップのための費用

チャットレディとして男性会員との会話を盛り上げるためには、新聞、書籍などを読む必要があります。

チャットレディが仕事に必要であるということを強く主張できるか否かで、経費にできるかどうかも決まるといっても過言ではありません。

私の場合、外国の男性会員もいるため、英会話スクールの英会話に通った料金も経費として申請しました。

このような場合、チャットレディの仕事をしてる際に英語で接客を行う映像を残しておく方法が必要です。

内容を証明できれば経費として計上できる可能性があります。

チャットレディとして仕事を成功させるために必要なビジネス本や、自己啓発本といった書籍も経費として申請します。