チャットレディに必要なパソコン環境、スペックは?

パソコンのスペックってなに?チェックすべき内容とは?

パソコンの「スペック」とは、パソコンの性能・機能のことを指しています。規格を知ることで、そのパソコンを使ってどんなような作業ができるか、そのパソコンの規格や内蔵されている装置がどのようなものかがわかります。
スペックが高ければ高いほどパソコンの性能が上がりますが、本体価格も高くなります。今後パソコンを購入する人は、どのようにパソコンを使いたいか初めに把握しておきましょう。

余計な出費を抑えるためにも、自分の用途に合ったパソコンを選ぶことは重要です。
スペックを評価するための要因はいくつかありますが、パソコン初心者は一番初めに以下の項目を確認しましょう。

OS
OSはパソコンを動かすソフトウェアとなっていて、Microsoft社のWindowsとApple社のMacが有名です。
Windowsは、さらに32bit版と64bit版に分かれています。「bit」はCPUが扱えるデータの最小単位であり、新たな形で購入するならより多くのデータを扱える64bit版がおすすめです。

CPU
CPUはマウスやキーボードなどからデータを受け取って制御・演算を行う部分で、Intel社製やAMD社製が特に高い評価を得ています。CPUの処理速度(性能の良さ)は、「GHz(ギガヘルツ)」という単位で示されます。

コア数
コア数は、CPUに搭載されている処理ユニットの個数を指しており、コア数が増えるほど多くの処理を同時並行的にできます。処理ユニットが2つ搭載されていればデュアルコア、4つ搭載されていればクアッドコアと呼ばれます。

メモリ
メモリはデータなどを一時保存する部分であり、一般的にはRAM(読み書きできるメインメモリ)を指します。メモリの容量は、勉強机の広さに言い表されることがあります。広い勉強机があれば、一度に多くのテキストを広げながら勉強できます。
同じ様に、メモリが大きいほど多くの処理ができるため、パソコンが円滑に動きます。

チャットレディとして働くために必要なパソコンスペックは?

ライブチャットをスムーズに行うためには、ある程度スペックの高いパソコンが必要になります。

チャットレディの仕事のためにパソコンの新規購入・買い替えを検討している人はもちろん、普段使いとしてもパソコンを購入したい人も、チャットサイトに新規登録する前にパソコンや周辺機器のスペックを確認しておきましょう。

パソコンスペックの確認方法

OSには「Windows」と「Mac」の2種類があると伝えましたが、チャットレディの仕事では基本的に「Windows」が使用されています。
なので、ここからは、Windowsのスペックの確認方法をご紹介します。

Windows(Windows10)

Windowsボタン→Windows管理ツール→システム情報を選択します。その後システム情報画面から、OS・CPU・コア数・メモリ容量を確認しましょう。

このパソコンの場合、スペックは以下の通りであることがわかります。

働くのに必要な最低・推奨のパソコンスペック一覧

ライブチャットに最低限必要なスペックと快適に仕事するための推奨スペックです。

最低スペック 推奨スペック
OS Windows 7/8.1/10、MacOSX
CPU 2.33GHz以上 3.4GHz以上
コア数 2以上 4以上
メモリ 2GB以上 4GB以上
モニターサイズ 12型(B5)以上 15型(A4)以上

モニターサイズ
パソコンを据え置いて使う場合は15型以上、持ち運ぶ場合でも12~14型の大き目サイズがおすすめです。大きいモニターを使うことで相手と目線を合わせやすくなり、男性会員からの人気が上がったという体験談もあります。本体の型番表示やシステム情報画面で型番を確認してメーカーサイトで検索すれば、モニターサイズがすぐにわかります。

新しいパソコンの入手が難しい場合
費用の問題などで新しいパソコンを入手しにくい人や自力でパソコンを選ぶ自信がない人は、既にインターネット環境や、パソコン・Webカメラ等の設備が整っている事務所に応募しましょう。

チャットレディ初心者には、まずチャットルームのスタッフにサポートしてもらうこともおすすめです。仕事環境について質問したり。カメラアングルや照明の使い方などに関するアドバイスをもらうなどして、仕事に役立てましょう。

カメラ・マイク
ライブ配信が主となるチャットレディは、高性能な外付けカメラ・マイクが重要です。パソコンの内蔵カメラ・マイクも使えますが、画素数が30万以下だと画像が粗くなることが多いです。

ロジクール(logicool)のWebカメラは画質や明るさを細かく設定でき、沢山のチャットレディに人気です。

パソコンからの音漏れや自分の話し声を周囲に聴かれたくない場合は、ヘッドセットマイクが便利です。コードレスヘッドセットを選べば、ケーブルが邪魔になりません。